1学期を振り返って…

4月 あたらしい「すずかけのおうち」

 

2018年4月、すずかけの木は新しい「すずかけのおうち」での活動を始めました!

 

子どもたちの健康を第一に考えて、化学物質を

できるだけ使わず、国産の無垢材で作られた

建物です。

 

中に入ると、木の香りでいっぱい!

やわらかな杉の肌触りと、優しい木の色合い、

光に包まれる心地よい空間です。

 

 

 

子どもたちは、広くなった空間で思い思いに遊んだり、宿題を広げたり、

顧問のあっきーの(秋野憲治先生)と歌を歌ったり…

読み語りやものづくりもします。

4月 新1年生歓迎会

 

4/7(土)小学校入学式のあと、

すずかけの木でも恒例の新1年生歓迎会をひらきました。

 

あたらしいおうちができたこともあり、

今年のすずかけ1年生は、過去最高の22名!

2~6年生から、歌と、みんなで染めた草木染めのトートバックのプレゼント!

5月 2018年度総会

 

保護者の自主運営であるすずかけの木の、年に1度の総会が開かれました。

 

すずかけの会員の中には、すずかけを利用している会員66名のほかに、すずかけを応援する「協力会員」が30名います。

すずかけの木の卒業生の保護者で協力会員になってくれる人も増えてきました。

 

 

6月 リラックスして遊んでいます!

 

1年生はすずかけのおうちで過ごす時間が

他の学年より長いこともあるのか、

新しいおうちにも一番に馴染んだ様子です。

 

ものづくりが好きな子どもたちは多いのですが、

今年の1年生は特に好きなのかも!

毎日のように、紙でいろんなものを作って遊んでいるので、おうちでいらない紙があったらもらうことにしました。

たくさん紙が集まって、助かりました!

 

7月 梅仕事の仕上げ!

 

6月に始まった梅仕事。

毎年のことなので、上級生は手慣れたもので、

ヘタを取ったり、塩をまぶしたり、教えながらやってくれます。

今日はいいお天気になったので、梅を外に出して干しています!

ああ、口の中が…! ついつい面白い顔になってしまうところですが、梅をひっくり返してくれた2人(3年生と5年生)は、いい笑顔!

7月は第2週から、すぐに短縮授業になって、いよいよ夏休みに入ります!

 

平日はなかなか時間がなくて、のんびり遊べない時も多いのですが、

夏休みはたっぷり毎日あるので、楽しみ!

いろんな活動ができたらいいな、と顧問の先生とスタッフも楽しみにしています。

1 コメント

楽しいたき火の日    (12月28日)

 

冬休み、12月最後のお楽しみはたき火です!

 

このところ、たき火で使う「木材」の汚染について考えるようになり、材料を調達するのがなかなか大変になってきていたのですが、今年は、現在建築中の新しい建物の端材を天然住宅さんから譲っていただくことができました! 

 

天然住宅さんが大事に育てている森の、

安全な木材です。

 

快く端材を譲ってくださった、天然住宅さん、ありがとうございました。

 

みんな、大喜びで火を起こします。

次々と端材を投げ入れ、たき火もあかかと盛大に燃え上がります。

 

 

たき火の中には、さつまいもと、

いっちゃん特製まるごとかぼちゃを投入します!

 

調理室では、かぼちゃの準備。

芯をくりぬいて、種やわたを取り出しました。

 

「お菓子みたいに美味しいよ」という

いっちゃんの言葉に、みんなわくわく!

 

調理室では、同時にあたたかい汁物の準備が始まります。

たくさんの野菜を入れて、煮るのです。

 

まずは野菜をどんどん洗って、それから皮むき。

次は1年生も2年生も包丁を持って、

にんじんやじゃがいも、ねぎなどを

どんどん切っていきます。

 

みんな集中して、しっかり頑張っています。

 

 

外でもたき火組が頑張ります。

羽釜でお米も炊きます。

 

火を燃やして、羽釜で炊くと美味しいんだよ。

うまくできるといいね!

 

 

 

できたよ~!

 

さつまいもは、安納芋という種類で、

中までとろっとろになりました!

う~ん、たまりません!

 

かぼちゃも大好評。

こちらも自然な甘みが、本当にお菓子みたい!

 

次々と手が延びます。

 

汁物も美味しくできました!

ほかほか湯気が上がっています。

 

羽釜のご飯もすごく上手に炊けました。

塩おむすびにしたよ!

 

 

 

ちょうど通りかかった、2年生の担任の先生にも「先生、一緒に食べよう!」

みんなでおにぎりを頬張り、あたたかい汁に舌鼓。

外で一緒に食べるのがまた楽しいよね!

 

今日はみんな、よくがんばりました!

がんばったあとの、最高の美味しさにいい笑顔です!

0 コメント

筆で書くのって楽しい! (12月26日)

冬休みが始まりました。

 

冬ならではのことをしよう!と、

このところ毎年、年明けに

書道の先生に来ていただいて、

筆で字を書く時間を持っているのですが、

今年は年末に書くことになりました。

 

教えてくださる先生は、

明星の元保護者でもある、鈴木ゆう子先生。

 

「書くって楽しい!」が一番大事、と

子どもたちが、のびのびと楽しく書けるように

「いいね!」「おー、上手」と

とてもたくさんほめてくださいます。

 

ゆう子先生に教えていただくのは2回目。

すずかけでの書道がきっかけで

書道の面白さにはまって、

ゆう子先生のお教室へ通っている人もいます。

 

今日は、1・2年生と、3年生以上のチームに分けて、

それぞれのペースで書道に挑戦しました。

 

最初に、すずりなどの道具のことなど、書道の基本を教えていただいたあと、

ひとりひとり、自分の書きたい作品を書きました。

 

 

みんなが書いた作品を、すずかけの部屋に飾りました。

ひとつひとつ、のびのびといい字で力があります。

 

それぞれが書きたい字を書いたのですが、

自分の名前から一文字取って書く人が多いようです。

並べるとなんだか不思議な言葉のような、特別な意味があるような…?! 

漢字って面白いね!

 

これは、みんながそれぞれ、

「自分の好きなもの」を寄せ書きした作品。

 

「愛」「遊ぶ」「サッカー」「料理」…

ふむふむ、いろいろ並んでいます。

「ハワイ」から、

「マネー」、なかには「クレカ」(クレジットカード)と書く人も…むむむ。

 

しかし、絶対に大人には書けない作品だと思います!

 

ゆう子先生、みんなのやる気を引き出してくださって、ありがとうございます!

 

【鈴木ゆう子先生のお教室】

laboratory 天 

~自分と対話し自分を乗り越える「ゆとり」の場所でありたい~

ブログ:http://misokichi.com/ten/

 

 

0 コメント

親子でサッカー!【すずかけ・お楽しみ会】

 

12月10日(日)の午後、

すずかけの木のお楽しみ会企画で、

「親子でサッカー」が開催されました。

 

本当は10月に実施予定でしたが、悪天候が続いてこの日になりました。

気持ちのよい、冬晴れです!

 

明星学園にあるサッカークラブ(明星FC、設立はいっちゃんの尽力)のご協力で、

コーチやFCメンバーと一緒に

はじめてサッカーする子も、休み時間にサッカーするのが大好きな子も、運動久しぶりのお父さんも、グラウンドに集まりました。

 

最初は、少しボールを回したりする練習から。

すずかけの子どもたちはお互いよく知っているけれど、

そのお父さんは初対面の人もいます。お父さん同士も初めて話すところからスタート。

 

一緒に体を動かすうちに、体がほぐれて、表情もほぐれてきました。

子どもたちも楽しそう!

最後は、ゲーム形式で対戦!

1年生が見事、いいゴールを決めて嬉しそう、みんなから拍手が出ました。

 

一緒に体を動かすのは、とってもいいコミュニケーションになるんだなと

改めて思いました!

明星FCの皆さん、企画してくれたお楽しみ会係の皆さん、ありがとうございました。

0 コメント

高学年のお出かけ【鳩ノ巣渓谷撮影会】

11月最後の月曜日は、その前の土曜日に全国から明星学園の授業を

見学に来てもらう「公開研究会」が開催されたので、その代休です。

 

朝から1日たっぷり時間があるので、4・5年生の高学年は、

顧問のいっちゃんとスタッフのようへいくんと撮影会にでかけることにしました。

いっちゃんとようへいくんは、元先生と教え子でもあり、今は写真の趣味仲間でもあります。

 

この2人が担当する「いっちゃんの撮影会」は、高学年対象に、このところ毎年夏に行われていて、

今年の夏も4年生以上のメンバーはデジカメを持って、井の頭公園などへ出かけ、

思い思いに写真を撮って、ハガキにしました。

 

↓夏の作品から、いくつか。

ひとり1人の内面の優しさや思いがけない視点が、現れているような気がします。

夏の撮影会が楽しかったらしく、

今年は4・5年生から「夏以外も、写真を撮りに行きたい!」という声が上がりました。

 

いっちゃんもようへいくんも、それなら!と

張り切ってくれて下見などもして検討した結果、

少し遠いけど、奥多摩の鳩ノ巣渓谷まで行くことにしました。

 

今はちょうど、紅葉のシーズン!

渓流に紅葉が映えて、絶景!

 

当日電車が遅れるなどのハプニングもありましたが、みんなで辿りついた鳩ノ巣渓谷は、秋晴れのなか、とてもきれい!

 

渓流の深い緑、紅葉の鮮やかなグラデーションが、子どもたちを迎えます。

 

大自然のなかで、子どもたちの心もほぐれるのか、

みんな、とてものびのびとした、いい笑顔で、思い思いにカメラを向けたり、遊んだり。

真剣にカメラを向ける姿も見られました。

どんな作品ができたのかな?

また発表できる機会があるといいね。

 

撮影会を通じて【スタッフ・大草鷹平(ようへい)】

 一昨年から始まった「すずかけの木撮影会」、子どもたちからの要望もあり

今年は、秋の撮影会が開催出来たことを嬉しく思います。


撮影会と称していますが、カメラで黙々と撮影するのではなく

実際は遠足のような遊びの中で、自分なりの何かを見つけるということを大事にしています。

皆で同じ場所にいながら「えっ! こんなところがあったの?!」とそれぞれの発見を

写真を通じて共有することが出来る、そんな面白さが撮影会にはあるのです。

 

これは、写真を通じての「みいつけた」(注:明星学園小学校で1年生から楽しむ自然発見の取組み。いっちゃんが始めた授業です)だと思っています。

 今後も、機会をとらえて続けていけたらなと思っています。

0 コメント