すずかけ祭への招待状(夏休み4期)

夏休みも4期目、ちょうど真ん中の週になりました。

 

今年、3年目を迎えるすずかけの木の夏休みをどう過ごそうかと考えるなかで、

いつも楽しんでいる歌や読み語りの活動、そして、いろんなものづくりを

なにか形にできないか、取り組んでみたらどうかな? と顧問の先生方から提案がありました。

 

夏休みの前に、まず6年生に相談。

「どう? やれそうかな?」

面倒くさがるかなあと思いきや、意外にもみんな乗ってきました!

「じゃあ、それは私が言う!」「話す内容は、ゆうとが作ってよ」などなど、盛り上がります。

 

「よ~し、じゃあ、発表する場を作ろう!」「すずかけ祭だ!」

 

というわけで、今年の夏休みは最初の1期から、

歌と朗読の時間を取って、

その日出席しているメンバーで、毎日本番のように

発表形式で楽しんできました。

 

遊ぶ時間がたっぷりある中で、きゅっと集中するのか、みんないい顔で取り組んでいます。

 

歌は2学年ずつ練習していて、こちらは5・6年生。

合唱の名曲にトライ中! おお! 響き合ってる!!

 

こちらは3・4年生。

「ここでぎゅーっと集中して、声を出す、ここだよ」

と、アッキーノも本気モード。

 

子どもたちも、よく話を聞いています。

 

アッキーノの一言で、次の歌声ががらっと変わる!

どんどんうまくなっていきます。

 

 

パーパス(総合学習室)では、

おーせんが、2・3年生と詩の朗読をしていました。

 

大きな机に1人ずつ座るのは、

ついついおしゃべりしちゃうから。

でも、1人ずつ座れば、ちゃんと集中!

 

「ここを一人で言ってくれる人!」と呼びかけるとパッと手が挙がります。

続きを読む 0 コメント

「みいつけた!」「やった!」「おもしろい!」~1年生保護者のお便りから~

8月12日に、子どもたちの活動を見に、参加してくれた1年生の保護者の方から、

子どもたちの様子を綴った、写真と文章をいただきました。

 

子どもたちが何をしているのか、とってもよくわかるので、ブログでご紹介します。

主人公は、1年生長期会員のゆうなちゃんと、おともだちの通年会員ゆうりちゃんです。

朝、バス停から同じルートですずかけに来る、

ゆうなちゃんとゆうりちゃん。

 

この日は、歩いている途中に、アブラゼミが落ちてた!

「落ちてる!」「生きてる?」「死んじゃった?」

「よし、つかんでみよう!」

 

ゆうりちゃんからつかみ方を教えてもらって、

初めて挑戦するゆうなちゃん!

生きてた! ジジジジジと鳴き出すセミ!

でも頑張ってつかみました! すごい!

 

せっかく捕まえたけど、小さい子に見つからないように、途中の公園でそっと放してきました。

 

親は知らない内緒の道を通って、ふたりですずかけの木に到着。「おはよう~」

荷物を置いて遊びに行く子、本を読む子、飼育箱の昆虫を見に行く子…みんな自宅のような過ごし方です。

 

朝の会と宿題のあと、1年生は学校の中で捕ってきたミミズを、水槽のカメに与え始めました。

「あ、すっぽ(スッポン)のフィルターが汚れてる!」「掃除しよう!」

1年生男子を中心に、さくら大通りの水道へ。

桜の葉っぱをスポンジ代わりにして擦る子、細いチューブに桜の枝を入れて擦る子、

「お水かえようか、僕持ってくる!」とバケツの水を運ぶ力持ち、

コケがついてるのをどうしようか悪戦苦闘していたら「タワシ持ってきたよ!」という子…

誰がリーダーというわけではなく、「きれいにする」ために一人一人がやり方を発見、

それを真似して…を繰り返します。みんな、どんどん心が一つになって物事が進む!

 

フィルターの中はなかなか届かない! 

大人の力を見せて、フタを開けると、我先にと汚れたパーツを洗い出す子どもたち。

 

フィルターは見事にピカピカ、きれいになりました!

すっぽの水槽に戻したら、水槽がなんだか明る~い! 

みんなの笑顔が映って、もっと光っているみたいだったよ!

続きを読む 0 コメント

藍染めTシャツを作ったよ!(夏休み3期)

8月に入り、夏休み3期を迎えました。

 

今週は、いっちゃんが染め物をしようと誘ってくれました。

1週間を使って、草木染めの基本工程をひとつひとつ進めます。

 

まず1日目は下地染め。、染める布を豆乳に浸けました(媒染)。

こうすると、この後の色が定着するのです。

 

2日目は、模様や色の組み合わせを考えます。

いっちゃんが用意してくれたのは、藍と茜、そしてベニバナの黄色。

重ねて二色染や、三色染にすることもできます。

 

割り箸を使ったり、

ビー玉や、板を使ったりして

思い思いの模様を考え、

ハンカチやエコバックで試し染めをしました。

 

撮影:鷹平

 

そして週の後半。いよいよTシャツを染めていきます。

 

それぞれに考えた模様を作り、藍や茜、ベニバナを煮出した汁に

布を浸けて、それを洗い、また浸けて…

 

さすが上級生は手慣れたもので、てきぱきと進めていました。

 

色がいくつかあると、全部使いたくなりますが、

「僕は黄色だけにする」という子も。

これはこれで、なかなか大胆!

 

藍の染まり方も、浸ける時間や空気となじませるタイミングで変わります。

どの作品も、その子の個性が光っています。

 

続きを読む 0 コメント