盛り上がりました! すずかけ祭!(9月4日)

9月4日(日)、初の試み「すずかけ祭」が開催されました。

夏休みの間に作った作品の展示や、異学年で取り組んだ朗読、歌の発表をします。

 

子どもたちは朝9時半集合。

夏休みの間は、週ごとに参加メンバーが違うなかで歌を歌ったり、朗読をしたりしてきました。

今日の発表メンバーが揃うのは、なんと今朝が初めて!

だいたいは決まっていたけど、最終確認をしながらの最後の練習が行われました。

 

お弁当を食べて、いよいよ本番!

いちょうのホールに並べた椅子は満席、立ち見が大勢出るほどの大盛況です。

 

 

緊張した面持ちの子どもたち。

 

最初の発表は、

おーせんと一緒に取り組んだ詩の朗読です。

 

みんな、しっかり立って、前を見て、1年生も

いい声が出せました!

 

 

 

 

朗読の次は、あっきーのと楽しく練習した、歌です。

 

こちらは低学年で練習した「オーケストラ」を歌っているところ。

オーケストラのいろんな楽器が出てきて、楽器を演奏する身振りをしながら歌います。

見ていても楽しい歌なのですが、歌いながら身振りをするのは難しい!

 

バイオリン、クラリネット、太鼓、トランペット、ホルン…と次々楽器が変わります。

それを今回は3つのパートに分けて、輪唱に挑戦しました! うまくできるかな…?

 

写真は、次々進んで、右がトランペットを「テッテテテッテ」と吹いているところ、

真ん中はホルンを抱えて「ポーポーポーポー」と奏でているところ、

一番左は、最後の手拍子をしているところです。すごく上手にできました!

このあと、3つのパート全部が手拍子をしますが、その手拍子が「できた!」という喜びに溢れていました。

 

高学年は、名曲「ほたる」に挑戦です。

 

4~6年生に、3年生からも歌好きが「歌ってみたい!」と参加。みんな、真剣に取り組んでいます。

 

ほ、ほ、ほたるこい…というおなじみの歌なのですが、

パートに分かれて、複雑な掛け合いをします。

 

とても難しい曲だと思うのですが、この日は見事! 美しいテンポとハーモニー!

聴いているとハーモニーが重なり合い、混然一体となってたちのぼっていくような陶酔感を味わいました。

感動の瞬間でした。

 

このあと、「ふるさと」を歌い、途中ハミングのところで、6年生の代表が出てきて挨拶。

言葉も自分たちで考えていました。

 

みんな、達成感に溢れたいい表情でした。

 

いちょうのホールの後ろの壁に現れた

トリケラトプスの絵。

 

これは、元社会科の先生のかわちゃんが、

以前に授業で取り入れていた「古代生物の絵を実物大で描いてみる」というものです。

 

みんなで手分けして、絵の上に乗っかって、

実物大のトリケラトプスを描きました!

大きな生き物が生きていた時代があったんだなあ…と不思議な感じがします。

 

こちらは草木染めと、写真作品。

 

草木染めは、たっぷりの時間を使って、

3色の多色刷りや模様を工夫しました。

これは、最初に作ってみたトートバック。

このあと染めたTシャツも展示しました。

 

写真は、高学年を対象に、まずはいっちゃんとスタッフのようへいくんが、写真講座。

構図や光の使い方などを教えてもらったあと、実際にデジカメを持って井の頭公園で撮影会をしました。

それぞれ気に入った写真を、絵葉書にしました。

「子どもの視点がいいんですよ」と、いっちゃんも驚くほど、絵心溢れる素敵な絵葉書です。

 

0 コメント