楽しいたき火の日    (12月28日)

 

冬休み、12月最後のお楽しみはたき火です!

 

このところ、たき火で使う「木材」の汚染について考えるようになり、材料を調達するのがなかなか大変になってきていたのですが、今年は、現在建築中の新しい建物の端材を天然住宅さんから譲っていただくことができました! 

 

天然住宅さんが大事に育てている森の、

安全な木材です。

 

快く端材を譲ってくださった、天然住宅さん、ありがとうございました。

 

みんな、大喜びで火を起こします。

次々と端材を投げ入れ、たき火もあかかと盛大に燃え上がります。

 

 

たき火の中には、さつまいもと、

いっちゃん特製まるごとかぼちゃを投入します!

 

調理室では、かぼちゃの準備。

芯をくりぬいて、種やわたを取り出しました。

 

「お菓子みたいに美味しいよ」という

いっちゃんの言葉に、みんなわくわく!

 

調理室では、同時にあたたかい汁物の準備が始まります。

たくさんの野菜を入れて、煮るのです。

 

まずは野菜をどんどん洗って、それから皮むき。

次は1年生も2年生も包丁を持って、

にんじんやじゃがいも、ねぎなどを

どんどん切っていきます。

 

みんな集中して、しっかり頑張っています。

 

 

外でもたき火組が頑張ります。

羽釜でお米も炊きます。

 

火を燃やして、羽釜で炊くと美味しいんだよ。

うまくできるといいね!

 

 

 

できたよ~!

 

さつまいもは、安納芋という種類で、

中までとろっとろになりました!

う~ん、たまりません!

 

かぼちゃも大好評。

こちらも自然な甘みが、本当にお菓子みたい!

 

次々と手が延びます。

 

汁物も美味しくできました!

ほかほか湯気が上がっています。

 

羽釜のご飯もすごく上手に炊けました。

塩おむすびにしたよ!

 

 

 

ちょうど通りかかった、2年生の担任の先生にも「先生、一緒に食べよう!」

みんなでおにぎりを頬張り、あたたかい汁に舌鼓。

外で一緒に食べるのがまた楽しいよね!

 

今日はみんな、よくがんばりました!

がんばったあとの、最高の美味しさにいい笑顔です!

0 コメント

筆で書くのって楽しい! (12月26日)

冬休みが始まりました。

 

冬ならではのことをしよう!と、

このところ毎年、年明けに

書道の先生に来ていただいて、

筆で字を書く時間を持っているのですが、

今年は年末に書くことになりました。

 

教えてくださる先生は、

明星の元保護者でもある、鈴木ゆう子先生。

 

「書くって楽しい!」が一番大事、と

子どもたちが、のびのびと楽しく書けるように

「いいね!」「おー、上手」と

とてもたくさんほめてくださいます。

 

ゆう子先生に教えていただくのは2回目。

すずかけでの書道がきっかけで

書道の面白さにはまって、

ゆう子先生のお教室へ通っている人もいます。

 

今日は、1・2年生と、3年生以上のチームに分けて、

それぞれのペースで書道に挑戦しました。

 

最初に、すずりなどの道具のことなど、書道の基本を教えていただいたあと、

ひとりひとり、自分の書きたい作品を書きました。

 

 

みんなが書いた作品を、すずかけの部屋に飾りました。

ひとつひとつ、のびのびといい字で力があります。

 

それぞれが書きたい字を書いたのですが、

自分の名前から一文字取って書く人が多いようです。

並べるとなんだか不思議な言葉のような、特別な意味があるような…?! 

漢字って面白いね!

 

これは、みんながそれぞれ、

「自分の好きなもの」を寄せ書きした作品。

 

「愛」「遊ぶ」「サッカー」「料理」…

ふむふむ、いろいろ並んでいます。

「ハワイ」から、

「マネー」、なかには「クレカ」(クレジットカード)と書く人も…むむむ。

 

しかし、絶対に大人には書けない作品だと思います!

 

ゆう子先生、みんなのやる気を引き出してくださって、ありがとうございます!

 

【鈴木ゆう子先生のお教室】

laboratory 天 

~自分と対話し自分を乗り越える「ゆとり」の場所でありたい~

ブログ:http://misokichi.com/ten/

 

 

0 コメント