巨大生物の絵を描いています!

すずかけの木では、毎年夏休みに、大きな生き物の絵をみんなで描いてみる、という活動をしています。

 

社会科の先生だった顧問のかわちゃんが、古代に生きていた生物の大きさを実感するための授業で行っていた活動。

今年はは初心にかえって、マンモスを描きます。

 

最初に、かわちゃんからマンモスの話を聞きました。

ロシアで発掘されたマンモスの死骸から、マンモスが現代に復活するかも?!

と話題になっていることも知って、「描いてみよう」ということになりました。

 

まずは、模造紙を貼り合わせて、大きな紙を作るところから。

できた紙は、すずかけの2階いっぱいに広がります。

みんなで紙の上に乗っかって、下書きからスタートです。

 

何日もかけて、下書き終了、次は総合学習室、通称パーパスで色塗りです。

なかなか大変な作業…毎年、子どもたち苦戦をするのですが…

 

高学年が色塗りを担当した時の様子を、スタッフのあんこちゃんが綴ってくれましたので、

ご紹介します。

 

***************

続きを読む 0 コメント

虫愛づる子どもたち

 夏休みが始まって1週間。

 

この日、木工室の前のプラタナス広場に積んである材木置き場から、大量のカブトムシが捕れました!

 

この材木は、前の台風で井の頭公園の木々が倒れたとき、見事な大木なのでいただけないかと明星の木工の先生たちが交渉、OKが出て公園から運んできたものです。

リヤカーで6往復!の重労働だったそうです…先生方、ありがとうございます!

 

木工室の前に積まれた大木は、絶対に虫たちには最高のゆりかごだなあ…と思っていました!

案の定、大量に誕生していたようです!   

この日は、もはやカブトムシ乱獲状態となり、

みんながワイワイと盛り上がり、カブトムシと楽しく戯れるなか、

3年のきおくんは1人、うっとりするような「虫愛づる」表情で、

上から下までじっくり観察していました。

 

7月に入ってから、すずかけにやってきた虫たち。

左は美しいタマムシ。玉虫色に輝いていて、ウットリ。

右は、ヤゴの抜け殻。完全な形で残っています。中が透けているのが見えますか…?


続きを読む 0 コメント