いっちゃんはいたずら好き?!              5月28日(水)

今日は、高学年も早く「すずかけ」に来られる水曜日。いつもより長い時間を過ごすことが出来ます。

 

こんな日には、顧問の先生方に来ていただいているのですが、この日は一瀬清先生、通称いっちゃんが、「今日、みんなと作ろうと思ってね」と楽しいものを持ってきてくださいました。

 

「まずはこれ」……ん? なんでしょう。

わりばしに、きれいな丸や四角、三角の輪っかがヒモでつけてあります。

 

「これはね、けん玉みたいにして遊ぶの」といっちゃん。

さっそく、やってみせてくださいました。

 

 

 

えいっ!
えいっ!
いい感じ!
いい感じ!
お見事~!
お見事~!

これが、かんたんそうに見えて、ちょっとコツも必要。

つい夢中になってしまいます。

 

それにしても、輪っかの色や模様がおしゃれ!

いっちゃんのポップなセンスに脱帽です。

 

 

 

 

 

続いて、出てきたのが、この白い絵の入った紙のケース。

 

「これがね…」といっちゃんがひっぱると!

不思議! 不思議!

色がついて出てくるのです!

 

よーく見ると、間に紙が挟まっていて、その下に彩色した絵があるというシンプルな仕掛けなのですが、ひっぱるだけでフルカラーになる鮮やかな変化には、思わず「わ~!」と声が出ます。

 

このあと、子どもたちが来て、やっぱり大喜び!

「作りたい! 作りたい!」の大合唱でした!

 

この日、いっちゃんが持ってきてくれたものは、もうひとつありました。

それは、とてもきれいな色画用紙で作られたお手紙。

 

「あなたへ」と、いっちゃんの丁寧な字で書かれた紙を開くと、

中から、鮮やかな赤の紙が出てきます。

 

それを「そっと開けてね」と言われて、開けてみると…!!

 

さあ、何があったと思います?

 

……いっちゃんが、みんなの反応に一番大喜びしたのが、このカードでした。

 

ものを作るのが大好き、自然のなかの小さな生き物を見つめるのが大好き、

写真に撮るのも大好き、子どもたちが大好き、そして、

いたずらも大好きな、素敵な顧問のいっちゃんです。

 

【いっちゃん こと 一瀬清(いちのせ・きよし)先生】

明星学園小学校前校長。学童クラブ「すずかけの木」顧問。

「すずかけの木」という名前の発案者でもある。

子どもたちとさまざまな物作りがしたくてうずうずしている。

「すずかけの木」の活動を考える上で大切な軸を教えて下さる。