平和を考える3日間                    8月20日(木)

8月18日、19日、20日の3日間、すずかけの木では、

「平和を考える3日間」として活動を行いました。

 

かわちゃんが『へいわってすてきだね』という絵本を読んでくれて、

そのあと、「8月6日」「8月9日」「8月15日」って何の日でしょう? とクイズ。

そこから、戦争の話を聞きました。

 

アッキーノの指導でみんなで「ふるさと」を歌いました。

「ふるさと」の3番の歌詞が、戦後すぐは

「この歌を歌うと、日本人はまた戦争をしたくなるかもしれない」という

GHQからのお達しで歌ってはいけなかったということを知りました。

いろんなお話を聞いてから歌うと、歌い方がぐっと違います。

 

 

明星学園の大先輩、馬場さんに戦争中のお話を聞かせてもらいました。

みんな、じっと聞いていました。

広島の原爆のお話を聞いて、みんなで千羽鶴を送ることにしました。

鶴を折るのが上手じゃない子もいたけど、たくさん頑張って折りました!

千羽鶴と一緒に送ろうと、みんなで寄せ書きもしました。

それぞれ気持ちを込めて、書いていました。