中秋の名月と泥だんご                  9月9日(火)

夏休み明けたすずかけの木ではどろだんご作りが流行っています。

 

土を丸めて、サラサラの砂をかけるの!!!

 

カッチカチに丸めたどろだんご、

 

大事そうに持ってきては紙袋なんかに入れちゃったりして^^

ねぇねぇ、どうやってつくるの~??

 

え~っとねぇ・・・ふふふ♪

 

それはなっちゃんには内緒~^^

 

 

 

ん~~気になる!!!

 

 

 

・・・・

 

 

 

気付かれないように追跡してみることにしました!!!

 

 

ばれないように・・・

 

静かにね・・・

 

 

・・・・・・・

 

 

んんん!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

!!!!!!

 

 

 

 

 

 


あら!

ここが『さらさら砂』の穴場だったのね~~!

 

 

 

 

 

 

 

もちろん私の追跡ばれていませんよ^^

 

何だか秘密の空間をつくるの好きだったな~と学童期を思い出しながら、

 

そんなわくわくと一緒にお団子を見せてくれる姿は本当に生き生きとした眼差しです。

 

 

 

 

 

二学期遊びの報告はつづく。。。

 

 

 

どろだんごの足跡とともに◎◎◎

 

 

 

 

 

なっちゃん

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    4年保護者 K.T (金曜日, 19 9月 2014 19:58)

    ふたりの後ろ姿、そして最後の写真、すてき~!
    どろだんごの手触りがよみがえりますね。

    そういう、触った感じ、土の匂い、手の、爪の、感じが
    からだの中に刻まれていくんでしょうね。

  • #2

    なっちゃん (月曜日, 22 9月 2014 08:09)

    そうなんです。子どもと一緒にいるとたくさんの贈り物に出会えます^^

    皮膚感覚とっても大切ですよね。
    そしてこどもは見つけるのが本当に上手ですね!