すずかけ棚作り                     2月21日(土)

今日は待ちに待った棚作りの日。

去年の春、みんなで作った段ボールの棚ともおわかれです。みんなが思い思いにつくった段ボールの箱を組み合わせてできたこの棚は、ひとつひとつの箱の大きさも、貼ってあるガムテープの色もバラバラ。それがまたなんともすてきだったのです。

しかし、気付けばこんなにくたくたになって傾いてきたほどです。本当にお疲れさまでした!

 

 

 

作業は外で……。業者さんから木の箱の組み立て方を教えてもらいます!

これが思ったより複雑……

と思いきや、子ども達はみんな、すんなりとやり方を覚えたよう。すごいすごい。

 

さあ、組み立て開始です!

大人も子どもも、みんな協力して、木の箱を作っていきます。

「ん?あれ?こっちが上だっけ?」

「ちがうよ、下だよー!」

大人があれれと首を傾げると、子ども達は得意げに教えてくれました。

 

 

 

気付けばもうこんなにできていました!


できあがった木の箱たちの横で、真剣な表情の子がひとり。

「何してるの?」

と聞けば、できあがった箱の最終チェックをしているそう。

「あ、このネジ、もっと中に入れなきゃ!」

と、懸命にドライバーを回していました。



子ども達が作った木の箱たちを組み合わせて……新しい棚の完成です!

 

すずかけのお部屋に、杉の木が仲間入り。ほのかに杉の香りがして、いい気持ちです。

お部屋の中も、木でできたものが増えてきました。

次はどんな木が仲間入りするのかな。

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    カワちゃん (水曜日, 04 3月 2015 22:40)

    本当に素敵な杉の棚ができました。ちょうど1年前にみんなで作った「ダンボールの棚」ありがとう。でも、ダンボールの棚・・本当によくもったですね。なにしろ、棚の中に入ったり、引張たり、随分と手痛い目にもあってきましたが、崩れることもなく1年頑張りました。ほんとうにご苦労様でした。