創立記念日  (1)気持ちいい晴れの日    5月15日(金)

5月15日は明星学園の創立記念日。

「何歳になるんだっけ?」「91歳だよ~!」

「91歳のお誕生日おめでとう!」

 

今日は学校がお休み、すずかけの仲間たちは広々とした校内で一日中遊んだよ。

 

たくさんの木々が葉を繁らせて、緑豊かな校内で子ども達はおもしろそうなこと見つけ出していきます。

この日は、植木屋さんのおじさんが枝払いした草木をトラックに積み込んでいました。

それを見つけるとさっそく「おじさん なにやってんの~?」「いいな~木の棒!いいな~」

おじさんも仕事の手を休めて「いるかい?もってっていいよ!」と言ってくれましたよ。



それぞれお気に入りの枝を貰って嬉しそう!

家に持って帰る!との声もあったけれど……これ持って電車に乗るのはちょっとね~



大きな木が好きなのは、子ども達だけではありません。カラス!!


グランドの端の木に建設中(?)の巣を発見。カラスさんごめんね、ここにはお家は作れないの。植木屋さんのおじさんが二階の屋根程の高さに梯子を掛けて、巣を外してくれました。


地面に置いた巣、「大きいね~」「針金ハンガーだ!」

興味津々、みんなでのぞき込みました。

 

 


暑くなると水が気持ちいい!

水をいっぱい入れてジョウロを持ってグルグル回れば、人間散水機!

乾いたグランドに水で描かれた輪が出来た。