えつこデラックス?!

 

ある日、えっちゃんがつけている名札を見たら、

(スタッフはみんな首から下げています)

ん?!

「えつこでらっくす」…!

 

ぷぷぷ(笑)

子どもが書いたんですね。

からかっているようで、愛を感じます!

そして、それを使うえっちゃんにも。

 

 

すずかけの木にいつもいてくれる、専任スタッフであるえっちゃん。

子どもたちは「えっちゃん」と言ったり、

「えつこ~」と呼び捨てにしたりしています。

 

呼び捨てにしているのを初めて聞いた人には

びっくりされることもあって、

「呼び捨てにしてもいいんですか」と言われることも。

 

えっちゃんに言わせると、

「愛を感じる呼び捨てと、感じない呼び捨てがある」そうです。

子どもの気持ちがとげとげしてたりすると、それが出るんですね。

 

だから愛を感じる呼び捨てならOK、

そして感じない時、えっちゃんは

「ああ~ん、愛が感じられないなあ!」と返す。

それは「本当は愛があるのは知ってるよ」という、

えっちゃんからの愛なんですね。

 

そうすると子どもたちは、

自分のとげとげした気持ちでいっぱいのところに

少しえっちゃんへの気持ちを思い出すのかな?

 

そんな繰り返しのなかで、子どもたちの気持ちの中に

「いつも大事に思われている」安心感が育っていくような気がします。

えっちゃん、いつもありがとう。ほんとにデラックスだよ。