いっちゃんと物づくり♪

秋が深まってきました。

学校の校庭も、近くの杉山公園(井の頭公園の一部)も、きれいな色の落ち葉がいっぱい!

 

子どもたちが見つけた、いちょうの落ち葉はふしぎな三角の穴が開いています。

誰かのシューズの跡かな?と大人はすぐ思うのですが、

子どもたちは、「ふしぎだね~」「きれいな三角だよ~」と

宝物を見つけたように大喜びしていました。

 

この日は水曜日。

放課後の残り遊びがなく、全学年14時半ごろに

すずかけにやってきます。

 

いつもより時間が取れるので、月に2回ほど、

顧問のいっちゃんこと

一瀬清元小学校校長先生が来てくれて、

子どもたちに物づくりを

教えてくれています。

 

今日は、わりばしと洗濯バサミで

紙のボールを飛ばせるおもちゃを作ろうと

材料を持ってきてくださいました。

                         全員ではなくて、作りたい子だけが集まります。

 

 

 

わりばし2膳の間に、ビニールテープで

洗濯バサミをくっつけると、

それだけでバネが効いた感じがします。

 

それに、厚紙でタマを入れるところを作って、

アルミホイルをぎゅっとまるめたタマを入れ…

 

びゅんっ!

 

わ、けっこう飛ぶね!

 

作れた子から、どんどんタマを飛ばしはじめます。

 

そのうち、的を作ろう!ということになって、

5年生がきれいな的を作りました。

距離を取って、的に入れるゲームがスタート!

2年生も参戦しています。

「あ~! 惜しい!」「もうちょっと!」と盛り上がって楽しそう!

 

これがなかなか入らない!

でも飽きずに繰り返し試していると、「あっ! 入った!」

1回だけ、うまく的にスポッと入りました! 

結局入ったのはこの1回だけだったのですが、みんな夢中になって遊んでいました。

 

他の子たちは、自分の道具をカスタマイズしたり、

遠くへ飛ばしっこをしたり…

 

ついつい夢中になるけど、使った道具もちゃんと片付けようね。

最後は3年生の女の子が積極的に片付けてくれて、ぴかぴかになりました!

うたちゃん、ありがとう。

 

今度、いっちゃんが来るときは、桜の落ち葉で染め物をしよう!ということになりました。

今週、公園に遊びに行く時は、きれいな赤い葉っぱをた~くさん拾って来よう!

どんな色になるか、楽しみだね。