高学年のお出かけ【鳩ノ巣渓谷撮影会】

11月最後の月曜日は、その前の土曜日に全国から明星学園の授業を

見学に来てもらう「公開研究会」が開催されたので、その代休です。

 

朝から1日たっぷり時間があるので、4・5年生の高学年は、

顧問のいっちゃんとスタッフのようへいくんと撮影会にでかけることにしました。

いっちゃんとようへいくんは、元先生と教え子でもあり、今は写真の趣味仲間でもあります。

 

この2人が担当する「いっちゃんの撮影会」は、高学年対象に、このところ毎年夏に行われていて、

今年の夏も4年生以上のメンバーはデジカメを持って、井の頭公園などへ出かけ、

思い思いに写真を撮って、ハガキにしました。

 

↓夏の作品から、いくつか。

ひとり1人の内面の優しさや思いがけない視点が、現れているような気がします。

夏の撮影会が楽しかったらしく、

今年は4・5年生から「夏以外も、写真を撮りに行きたい!」という声が上がりました。

 

いっちゃんもようへいくんも、それなら!と

張り切ってくれて下見などもして検討した結果、

少し遠いけど、奥多摩の鳩ノ巣渓谷まで行くことにしました。

 

今はちょうど、紅葉のシーズン!

渓流に紅葉が映えて、絶景!

 

当日電車が遅れるなどのハプニングもありましたが、みんなで辿りついた鳩ノ巣渓谷は、秋晴れのなか、とてもきれい!

 

渓流の深い緑、紅葉の鮮やかなグラデーションが、子どもたちを迎えます。

 

大自然のなかで、子どもたちの心もほぐれるのか、

みんな、とてものびのびとした、いい笑顔で、思い思いにカメラを向けたり、遊んだり。

真剣にカメラを向ける姿も見られました。

どんな作品ができたのかな?

また発表できる機会があるといいね。

 

撮影会を通じて【スタッフ・大草鷹平(ようへい)】

 一昨年から始まった「すずかけの木撮影会」、子どもたちからの要望もあり

今年は、秋の撮影会が開催出来たことを嬉しく思います。


撮影会と称していますが、カメラで黙々と撮影するのではなく

実際は遠足のような遊びの中で、自分なりの何かを見つけるということを大事にしています。

皆で同じ場所にいながら「えっ! こんなところがあったの?!」とそれぞれの発見を

写真を通じて共有することが出来る、そんな面白さが撮影会にはあるのです。

 

これは、写真を通じての「みいつけた」(注:明星学園小学校で1年生から楽しむ自然発見の取組み。いっちゃんが始めた授業です)だと思っています。

 今後も、機会をとらえて続けていけたらなと思っています。